「となりのトトロ」に潜む数々の都市伝説!あの事件と関係が?エンディングに隠された秘密とは!?

1998年公開、宮崎駿監督作品「となりのトトロ」。

テレビ放映時には20%前後の高視聴率をとる超人気アニメです。

宮崎アニメの代表作ですが、数々の都市伝説が噂されています。

今回は、そんな都市伝説の数々のご紹介と意味を調べてみました。

 

トトロは何者!?

トトロにはいろいろな噂が絶えません。

一体、トトロとは何者なのでしょうか。

その中には「死神」ではないかというかなり過激な説もあります。

これらを含めて事実はどうなのか、検証していきたいと思います。

 

トトロは死神だった?

「サツキとメイ」は、もう死んでいて、その2人を死者の国に連れて行く前に現世を案内した…。

だからトトロは「死神」っていう説が有ります・

 

トトロの住まいはドコ?

サツキとメイの住む家のすぐ裏にある、塚森と言う名の森。

その中にある巨大クスノキの根元だそうです。

トトロの名前の由来

メイが初めてトトロに会った時に、名前を聞いたら返事がトトロと聞こえたからです・

実際には宮崎監督の知人の娘が所沢という地名を「ととろざわ」と言い間違えたことでその名前がつけられることになったそうです。

 

小トトロの最初に驚いたのはなぜ?

小トトロは人間に慣れてないからだそうです。

反面、死神なら驚かないだろうって言う意見が有ります。

 

トロールとトトロの関係

トトロは北欧の妖怪トロールではないかと言う説もあります。

トロールとは北欧の国、主にノルウェーで伝承する妖精。

山の中に住み、いたずらをしたり、時には人を食い殺すことのある妖怪とも言われる。

作中でもサツキがメイに「トトロに会った」と話した時「トロールのこと?」と聞き返すシーンもあります。

トトロの正体はトロールの一種かもしれませんね。

ネコバスの不思議

印象的ネコバス。

ネコバスは行方不明になったメイを探すのを手助けしました。

その時の行き先表示が「墓道」になっていました。

この墓道ということから、このネコバスは亡くなった人の魂を冥界に送る存在ではないかと疑う人もいるようです。

しかし、この説には少し無理があります。

ネコバスの行き先表示の種類の中に「墓道」があるだけなので、この噂は飛躍しすぎだと言われています。

お地蔵さんにメイの名前が?

迷子になったメイが待っている墓道前のお地蔵さんの中にメイの名前があるという都市伝説

これは確認ができませんでした。

お母さんに会わなかったのはなぜ?

サツキとメイには「七国山病院」に結核で入院している優しいお母さんがいます。

昭和30年代初頭では結核は現在の癌に匹敵するような病気だったようです。

入院中のお母さんをネコバスに乗って見舞いに訪れる場面が有ります。

しかし、2人は病室の窓の外の木の上から眺めるだけです。

何故なんでしょう?

 

両親にサツキとメイは見えない!?

窓の外のサツキとメイは両親には見えないようです。

ここが「トトロが死神」だと主張する人々の理由です。

でも、そもそもトトロやネコバスは子供にしか見えないようになっているし、一緒にいるサツキとメイもその魔法で見えないのだそうです。

 

トウモロコシの意味

入院中のお母さんにトウモロコシを届けます。

なぜ。トウモロコシ? それはカンタのおばあちゃんが「この畑の作物を食えばどんな病気も治る」と言うのを信じて、大好きなお母さんに届けました。

 

「七国山病院」までの距離

サツキとメイの自宅から「七国山病院」まで大人の足で3時間ほどかかるという設定が書いてあります。

だからネコバスが送ってくれたのですね。

 

メイとサツキは死んでいる?

物語中にサツキとメイの影がないとか、サンダルの疑惑とか色々あって、2人はすでに死んでいるっていう都市伝説が多くありまs。

でも、スタジオジプリは公式に否定しています。

後に描きますが、物語の後半、2人の影が消えているとかサンダルの話とかから言われてこのような都市伝説があるのだそうです。

 

 

サンダルが表す意味

作中、行方不明のメイの物とおもわれるサンダルが見つかりました。

この事でメイはすでに死んでいて、彼女を追いかけたサツキも死んだのではないかという話が有ります。

 

池に浮かぶサンダルをみて、サツキは「このサンダルはメイのものじゃぁない」といいます。

確かに少しデザインが違うようにみえますね。

メイのサンダルのベルトはまっすぐで、池に落ちているものは×になっております。

一部ではサンダルの描写が細かすぎて本当に死んだのではないかと疑うような話がありました。

しかし、よく見れば分かる通りそれぞれ別物になっています。

 

サツキとメイの影がない

サツキとメイが死んでいるという説を支持している人々の中に「途中からサツキとメイの影がなくなるので死んでいる」と言う人がいますが。

ジブリ側は「作画の時点で不要」と判断したため最初から描いてないだけでした。

ポスターの女の子は誰なの?

 

ポスターに写っている少女、よく見ればサツキとメイとは違う全くの別人です。

何故なのでしょう?

「となりのトトロ」の企画時、主人公は姉妹ではなく1人だけの主人公で描かれる予定でした。

しかし、同時上映の「火垂るの墓」が予想以上に長編になったことで宮崎監督も高畑勲に対抗する為に短めだった「となりのトトロ」を長くしました。

その結果1人だけの主人公が二人に増えてしまったのだそうです。

ポスターに描かれている女の子は企画当初の主人公とだそうです。

本編が完成する前にポスターを作ってしまった結果、このような事になってしまいました。

 

「狭山事件」との関係

「となりのトトロ」は狭山事件と言う未解決事件との関係が噂されています。

狭山事件というのは1963年に埼玉県狭山市でおきた誘拐殺人事件で、トトロの舞台も隣接する埼玉県所沢市です。

また、事件が起きたのは5月で、主人公のメイは英語で5月を表す単語、サツキも5月を意味します。

これらは偶然でしょうか?

しかしジブリはこういう都市伝説を否定していて、事実は定かではありません。

 

実は父の回想だった?

 

エンディングで主人公たちがみんな一緒のシーンが映されます。

その中に映っている両親が明らかに若い事から、これは父さんが過去に経験した数々の出来事が回想として流れているのではないかと言われています。

また、お母さんと一緒にサツキとメイがお風呂に入っているシーンもあります。

病気が全快して退院したお母さんを意味しているのか?

それとも、過去の思い出なのか?

つまりメイとサツキは行方不明のまま死んでしまい、お父さんが楽しかった頃を思いだしているといったように解釈をする人も居るようです。

 

「となりのトトロ」が本当に伝えたかったこと

 

「となりのトトロ」で制作者が訴えたこと、伝えたかった事とは何だったのでしょうか?

色々な見方がありますが、高度経済成長を経験し世の中はバブル期を迎えていた1988年。

昔ながらの日本の自然と共生する社会を失って来ていると宮崎駿さんが危惧してこのような映画を作ったのではと言われています。

この映画のキャッチコピー

このへんな生きものは まだ日本にいるのです。たぶん。

です。

このキャッチコピーが意味するものは、経済成長のみを推し進めて行く日本の未来に対しての警告を鳴らす意味もあったのではと思われます。

無暗に自然破壊森林伐採などを進めれば、環境自体が破壊されるだけではなく、住人達の心の中のトトロのような優しい気持ちすら無くしてしまう、そんな警告なのかもしれません。